クレジットカードは総量規制にかかる?

相談
『クレジットカードのキャッシングは
総量規制は大丈夫?』

総量規制とは、個人が借り入れられる限度額を年収の3分の1までに規制する制度で、消費者金融などの貸金業者に適応される法律です。クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠がありますが、対象となるのはキャッシング枠だけになります。

■ 総量規制には除外や例外があります
不動産、自動車、有価証券などの担保がある場合や高額医療費の貸し付けは除外となります。個人事業主への貸し付けや「つなぎ融資」、更には「おまとめローン」などのような利用者が一方的に有利になる貸し付けは例外となり、規制の対象から外されます。

■ クレジットカードを複数枚持っている人は、要注意です!
クレジットカードのキャッシング枠は、全く使用していなくても新規カードを作る際の与信調査では限度額まで借り入れている事になっています。つまり、現在キャッシング枠が限度額50万円のカードを2枚持っていたとしたら、その人は100万円のキャッシングをしている扱いになりますので、年収300万円の人の場合はキャッシングはできないという事になります。ですから、当面使用する予定がないキャッシング枠に関しては無くしておいた方が良いでしょう。

■ 銀行のクレジットカードのキャッシングはどう?
銀行のカードローンは総量規制の影響は受けません。しかし、キャッシュカードに付帯しているクレジットカードは系列会社が提供するクレジットカードなので、銀行が発行している訳ではありません。従って、クレジットカード部分は通常のクレジットカードと同じ扱いになりますので、総量規制が適用されます。

矢印
申し込み

クレジット審査で悩んだらACマスターカード!