外国人のクレジットカード審査はどんな感じ?

相談
『クレジットカードは外国人でも作れる?
審査はどう?』

外国人の人でも、日本国内でクレジットカードを作る事はできます。しかし、日本人よりも審査は厳しくなりますし、場合によっては審査に落とされる事もあります。しかし、その原因は人種差別ではありませんので、決して誤解しないで下さい。

■ どうして外国人が厳しく審査されるのか?
クレジットカード会社が重要視するのは、「ちゃんと返してくれるか」と「きちんと連絡が取れるか」の2点です。外国人が相手のトラブルで多いのは、「返済完了前に帰国してしまった」「海外なので督促の連絡が取れない」という事例です。このようなトラブルを回避するために、外国人に対する審査は厳しいのです。この傾向は世界共通で「他国の人間に対しては審査が厳しい」のは日本に限ったことではありません。

■ どうすれば審査に通りやすい?
まず、日本語がきちんと理解できるかという点です。入会申込書や利用規約が理解できる能力が無いと、その時点で申請が却下される場合があります。確認事項や督促などの電話連絡があった場合、オペレーターと会話するのは日本語ですから会話力も必要になります。又、連絡は電話で行われるので、携帯やスマホよりは確実な固定電話が有った方が有利です。

■ どんな審査資格内容?
通常の日本人の審査に加えて、滞在年数や日本での勤務実績などが入ってきます。日本の永住権や結婚相手が日本人であることは、あまり重要では無いようです。又、身分証明書として外国人登録証明書の提示は必須です。

矢印
申し込み

クレジット審査で悩んだらACマスターカード!